11.3.2091

フクシマから 8 年
かざぐるまデモ 2019 in Berlin


日時: 2019年 3 月 9 日 (土),12 時より
場所: ブランデンブルグ門前 (Pariser Platz) Berlin


2011年3月11日に起きた東日本大震災の一環で、深刻な原発事故が起きました。 このフクシマ原発事故こそ、技術大国であっても原子力は制御できないことを証明しています。 原発が世界にある限り、このような原発事故はいつでもどこでもまた起こり得るものです。

2018年現在で、世界中に運転可能な原子炉は446基あります。 各原子炉は1年に20から30トンの放射性廃棄物を出します。 でも操業可能な最終処分場はまだどこにもありません。

ドイツでは脱原発は決定されたものの実現は徹底されていません。 今でも7基の原子炉が稼働しており、毎日放射性廃棄物は増えています。 原発のいくつかの稼働時間を延長せよと訴えている影響力の強いロビーもあります。 同時に、リンゲンにある燃料棒製造工場、グローナウにあるウラン濃縮工場、 研究用原子炉は脱原発から除外されています。

2022年までにドイツには1万5千トンの高レベル放射性廃棄物が山積みになる予定です。 8000世代以来存在する人類が、たった3世代で夥しい量の放射性廃棄物を生み出してしまいました。 しかも、このゴミはこれから3万3千世代も生物圏から隔離していかなければならないものです。

原子力ロビーはこの無責任な原子力技術を 「二酸化炭素を排出しない地球にやさしいエネルギー」などと宣伝しています。 しかし、ウラン採掘から電力や兵器のための原子力エネルギー利用、 それから放射性廃棄物の貯蔵に至るまで、大量な二酸化炭素が作られます。 再生可能エネルギーへなるべく早く転換し、エネルギーをなるべく節約することでしか、 本当に地球温暖化を抑えていく方法がないことは明らかです。

原子力技術は私たちの地球をあらゆる形で「住めない場所」にしようとしています。 核兵器やその他の放射能兵器、「通常の操業」における原子力施設から出される放射性廃棄物、 いつどこでまた起こるかわからないチェルノブイリやフクシマのような原発事故、 そしてどこでどう生物圏に忍び込んでくるかわからない放射性廃棄物のそれらがすべて地球を脅かしています。

私たちは次のことを求めます:

世界中の原子力施設を即刻停止すること
およびその他の原子力技術を促進する団体の解散
原子力技術を促進するための補助金等を、再生可能エネルギーおよび放射性廃棄物処分・保管のための独立した市民団体が管理する研究へ回すこと
世界全体の核兵器廃絶。ドイツと日本は国連の「核兵器禁止条約」に署名せよ


5.2.2019
 ドイツのバイエルン地方のイノシシはチェルノブイリから33年経った今、まだ放射能の影響で汚染されています。しかもセシウム137の半減期は約30年であるはずなのに、含有量は1986年と比べて減っていません。
https://www.youtube.com/watch?v=dQ2YopHl7L0

バイエルン地方のミュンヘンからチェルノブイリまでの距離は1500キロ、福島第一原発と東京との距離は約230キロです。

 

 

 

 

Tagesschau.de 04.10.2017 10:15 h

福島の原発事故以来初めて、発電所オペレーターTepcoの原子炉は必要な安全チェックを通過しました。責任ある市町村が同意した場合、鉱山は再度撤収することが許可されている。 破損した原子力発電所福島県の事業者であり、ほぼ破産という結果に至った日本のエネルギー会社Tepcoは、原子力災害が発生して以来初めて希望を持つことが許されます。日本の原子力監視所は、原子炉の安全性を確保するため、原子炉2基を宣言した。柏崎刈羽原子力発電所の2工場は、福島災害後に導入された安全確保要件を満たしていると役所は報告した。

Tepcoは、以前に、空の財布にお金を得るために一つの原子炉を立ち上げたいと言いました。同社は補償と汚染除去の費用を負担しなければならず、費用は当初見積もったよりもはるかに高い。 しかし、原子炉が再稼働するまで、新潟県の知事は、Tepcoが福島災害の調査を完了するまで、原子力発電所の再開を拒否しています。これには最大4年くらいかかる。日本国民も再稼働に大規模な反対をしている。

日本北東部の福島原子力発電所では、深刻な地震と巨大な津波の結果、2011年3月に3基の原子炉の核溶融が発生しました。災害用原子炉の周辺地域は避難しなければならなかった。 Tepcoは露骨なセキュリティ欠陥の責任をとらされた。 この大惨事の結果、日本の48の商業用原子炉はすべて2年間静止していた。しかし、右派の保守的な政府は依然として原子力発電に固執しているが、大部分の日本人は原子力発電とりやめを支持している。

 (自動翻訳)

###############

 

###############

 

「群像」に福島での鼎談の内容が掲載されます。

https://www.cinra.net/event/20170811-tawadawagokainuma

 

ベルリンでは、「不死の島」のドイツ語訳の朗読と海の汚染についてのトークを行います。

http://www.literaturfestival.com/archiv/teilnehmer/autoren/2017/yoko.tawada.ldw