最近、文学好きの人が「オンラインの自動翻訳は質が良くなった」と言うので「まさか」と思って試してみました。以下はドイツ第一放送のネットニュースです。自動翻訳の結果はいまいちですが、コンピュータだけあって遠慮がなく、「空の財布にお金を得るために 」などの表現はなかなかいいと思います。「財政危機を乗り切るため」などのマンネリ化した言い方だと、それがいかにひどいことかが伝わらないことが多いので。

Tagesschau.de

福島のメルトダウン以降

04.10.2017 10:15 h

福島の原発事故以来初めて、発電所オペレーターTepcoの原子炉は必要な安全チェックを通過しました。責任ある市町村が同意した場合、鉱山は再度撤収することが許可されている。 破損した原子力発電所福島県の事業者であり、ほぼ破産という結果に至った日本のエネルギー会社Tepcoは、原子力災害が発生して以来初めて希望を持つことが許されます。日本の原子力監視所は、原子炉の安全性を確保するため、原子炉2基を宣言した。柏崎刈羽原子力発電所の2工場は、福島災害後に導入された安全確保要件を満たしていると役所は報告した。

Tepcoは、以前に、空の財布にお金を得るために一つの原子炉を立ち上げたいと言いました。同社は補償と汚染除去の費用を負担しなければならず、費用は当初見積もったよりもはるかに高い。 しかし、原子炉が再稼働するまで、新潟県の知事は、Tepcoが福島災害の調査を完了するまで、原子力発電所の再開を拒否しています。これには最大4年くらいかかる。日本国民も再稼働に大規模な反対をしている。

日本北東部の福島原子力発電所では、深刻な地震と巨大な津波の結果、2011年3月に3基の原子炉の核溶融が発生しました。災害用原子炉の周辺地域は避難しなければならなかった。 Tepcoは露骨なセキュリティ欠陥の責任をとらされた。 この大惨事の結果、日本の48の商業用原子炉はすべて2年間静止していた。しかし、右派の保守的な政府は依然として原子力発電に固執しているが、大部分の日本人は原子力発電とりやめを支持している。

 (自動翻訳)

###############

 

###############

 

「群像」に福島での鼎談の内容が掲載されます。

https://www.cinra.net/event/20170811-tawadawagokainuma

 

ベルリンでは、「不死の島」のドイツ語訳の朗読と海の汚染についてのトークを行います。

http://www.literaturfestival.com/archiv/teilnehmer/autoren/2017/yoko.tawada.ldw